やれるアプリでハーフの女の子をゲット

男性なら誰でも死ぬまでに一度は外国人の女の子と身体の関係を持ちたいと考えると思います。私自身も今まではやれるアプリやナンパを通じて、数多くの女性とエッチなことをしてきましたが、外国人の女の子とはヤったことがありませんでした。知り合いに外国人の女の子はいませんでしたし、女の子を紹介してくれる知人もいなかったので、やれるアプリで探す方法が一番いいと考えました。私はいつも利用しているやれるアプリで、外国人の女の子を募集してみたのですが、中々返事は来ませんでした。私はやっぱり無理なのかなと諦めかけていたのですが、ある女の子からメッセージが届きました。私はもしやと思い、彼女からのメッセージを見てみると彼女はブラジルの母と日本人の父を持つハーフらしく、自分でも大丈夫なのかという内容でした。私はハーフでも充分嬉しかったので、彼女と連絡を取り合うことにしました。彼女は20代前半の大学生で、セックスフレンドと彼氏のどちらも探しているというちょっとエッチな女の子でした。私は何とかして彼女と会って、身体の関係を持ちたいと考えていたので、メールのやり取りで少しずつ距離を縮めていきました。すると、彼女から「カラオケでも行きませんか?」という誘いがあったので、私はその誘いをすぐに受けました。彼女とカラオケに行く当日、私は正直カラオケの後にホテルに行く気でいたので、前もって近くのラブホテルを調べていました。そして、待ち合わせ場所の駅に行くと、彼女はすでに到着していました。

彼女のことはやれるアプリの写真で確認していたのですが、写真で見るよりも顔立ちがハッキリしていて、ハーフと言われなければ外国人と思ってしまう顔をしていました。私はこれは何としてでも彼女とエッチをしたいと思ったのですが、焦っては上手くいかないことが多いのでまずは、カラオケを楽しむことにしました。彼女は自分からカラオケに誘ってくるだけあって、とても歌が上手くて思わず私も彼女の歌声を聞き入ってしまうほどでした。私は彼女がノリノリで歌っている途中で彼女の近くに移動して、彼女が歌い終わったタイミングで彼女の歌を褒めながら、肩を触ってみました。嫌がるかなと思ったのですが、彼女は笑いながら「歌は得意なんだ」と言っていたので、どうやらボディタッチは問題ないようでした。それからも彼女にボディタッチを続け、最後のほうには太ももやお尻など際どい部分も触っていたのですが、拒まれることもなくカラオケを楽しんでいました。私はこれは確実にイケると思い、彼女に「このあと、行きたい場所があるんだけと一緒に行かない?」と言いました。彼女はその誘いをオッケーしてくれたので、私は彼女の手を引いてあらかじめ調べておいたラブホテルへと連れて行きました。彼女は「やっぱりね、エッチなことしてきてたもんね」と言っていましたが、嫌がる様子はなくむしろ待ってましたという感じでした。私と彼女がホテルの部屋に入ると彼女は別々にシャワーを浴びようと言って先にシャワーに行ってしまったのですが、私は我慢できず彼女が入っている浴室に突撃することにしました。

私が浴室に入ると、彼女は「何で入ってくんの。エッチ。」と言ってきたのですが、私はそれを無視して彼女の身体を触って洗ってあげました。彼女は最初は文句を言っていましたが、徐々にノッてきたようで私の身体を洗ってくれるサービスもしてくれました。シャワーを二人で浴びた後はベッドへと移動しました。そこで私は彼女にキスをしながら胸を愛撫しました。私は外国人の顔をした彼女とキスをしているだけで股間が膨らんできていたのですが、それに気づいた彼女は私のムスコをしごいてきました。彼女のしごきは力強さがちょうどよくて、すぐにでもイってしまいそうだったので私は体勢を変えて舐めあうことにしました。彼女のアソコは日本人の女の子よりも色黒くて外国人の女の子とヤッているんだなという実感が持てたので、すごく興奮しました。しばらくして彼女のアソコは準備万端になっていたので、ゴムをつけてバックで合体しました。彼女の中は締りがよく、私のムスコを包み込んでくるようでした。私はお尻が好きなので、彼女の大きなお尻を見ながら腰を振っているだけですぐにイってしまいました。これで終わっては申し訳ないので、彼女の口ですぐに復活した私は今度は正常位で20分ほど突きまくりました。彼女も感じてくれたようでかなり大きな喘ぎ声をだしており、その声が海外のAV女優みたいでかなり興奮しました。私は最後にゴムの中で発射したのですが、彼女はゴムを外した私のムスコのお掃除までしてくれました。「気持ちよくしてくれたお礼」と笑顔で言ってきた彼女にメロメロになった私は、また会う約束をしてホテルを出ました。やれるアプリを使ったことによりハーフの女の子をゲットすることが出来たので、これからも素敵な出会いを期待して利用していこうと思います。