やれるアプリで見つけた処女は性に興味津々だった

私は今まで付き合ってきた彼女やワンナイトラブをした女性とエッチなことをしてきましたが、処女の子とはエッチをしたことがありませんでした。これは私が初めて処女の女の子の初めてをもらったときの話です。私はやれるアプリにはまっており、女の子を誘っては身体の関係を持つということをよくやっていました。そんなある日、エッチなことをしてくれる男性募集という女の子がいたので、私は彼女にメッセージを送って見ました。すると、彼女から返信が来たので彼女のことについて色々と聞いてみたところ、彼女は20代前半の大学生で彼氏を作ったことがないので、誰でもいいからエッチが上手な人と関係を持ちたいと言っていました。私は、彼女が処女ということにかなり興味を持ったので、ぜひ彼女の処女をもらいたいと思ったのですが、さすがにそれはまずい気がしたので、簡単に処女をあげない方がいいと思うよと伝えました。すると彼女はエッチで痛い思いをしたくないから、エッチが上手い人と処女を捨てるために一度だけ関係を持ち、その後は好きな人としかエッチはしないつもりだと言ってきました。そして続けて、「他にもエッチをしたいと言ってくれる人はやれるアプリにはたくさんいるから、あなたじゃなくてもいい」というメッセージが送られてきました。私は彼女が本気であることが分かりましたし、他の人に彼女の処女を取られたくない気持ちから彼女と会って、エッチをすることを決めました。

彼女とやれるアプリを通じて出会う日を決めて、私は彼女の処女をもらう決心をしました。そして、約束の当日、駅の近くで彼女と合流したのですが、彼女は彼氏を作ったことがないとは信じられないくらい可愛くて、スタイルのいい子でした。私は少し彼女と食事でも取ってからホテルに行こうと思っていたのですが、彼女は食事はいいからすぐにエッチがしたいと言ってきたので、私は彼女を連れて近くのラブホテルへと移動しました。ホテルの部屋に入ると、彼女は初めて入るラブホテルを物珍しそうに見ていたのですが、急に思い出したかのように私に近づいてきて「では、お願いします」と言ってきました。彼女があまりにもかしこまりすぎていて、やりにくいなと思ったのですが、彼女はヤル気満々だったので、まずはキスから始めました。私は処女の子だから優しくしようと思い、キスをしながらなるべく優しく彼女の身体を弄り始めました。私は彼女の服を脱がして胸やお尻、背中と触っていき、いよいよ彼女のアソコに手がいきました。彼女のアソコはすでに薄っすら濡れており、私が触るとさらにヌルヌルしてきて、彼女は小さくあえぎ声を出していました。私は処女の子の相手はしたことがなかったのでいつ挿れればいいのか分からなかったので、これでもかというぐらい彼女のアソコを弄ってほぐしました。すると、彼女が「もう大丈夫ですから、挿れてください」と言ってきたので、私はゴムをつけてゆっくり挿れていきました。

私が彼女の中に挿れると、彼女は「うっ」と声を漏らしたのですが、私は一気にいった方が良いと思い、グッと押し込んで一気に挿れました。彼女の中は処女だからかとてもキツくてギュウギュウ締め付けてきて、とても気持ちよかったのですが、彼女は「あっ」と声を上げた後、初めてのエッチに放心状態になっていました。私が「大丈夫?」と声をかけると、彼女は「少し変な感じがしますけど、そこまで痛くないので続けてもいいですよ」と言ってきました。彼女は少し無理をしているようでしたが、私のアソコももう我慢できない状態だったので、ゆっくり動かすことにしました。彼女はうめき声のような声を上げており、やはりきついんだなと思ったのですが、私ももう止まることが出来ずに腰を振り続けました。処女の締め付けがとても気持ちよかったことと、処女をもらったことに興奮していた私は10分ほどでイッてしまいました。そして、彼女に「終わったよ、ありがとう」と伝えると「こちらこそありがとうございました」と言ってきました。私は彼女と一緒にお風呂に入りながら、エッチの感想を聞きました。すると、彼女は「気持ちよさは良く分からなかったけど、つながっているという感じがして嬉しかった」と言ってきました。そして、お風呂から出た私と彼女はこれからは関係を持たないことを約束してホテルを出ました。私は女の子の処女をもらったのは初めてでしたが、その相手がまさかやれるアプリで出会った子になるとは考えてもいませんでし、こんなこと二度とないだろうなと思いました。